• Grey Twitter Icon
  • Grey TripAdvisor Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

病気になったり、怪我をしたり、時には交通事故に巻き込まれる事もありますが、現地スタッフが可能な限り援助して、留学生活を助けます。病院に連れて行くことから、そばに付き添って通訳をしたり、万一入院などの場合にも徹底的に援助します。

​保険なしの治療であっても、領収証や診断書を書いて貰う事により、日本の健康保険の適用を受けられますので、安心です。クレジットカードの付帯事項も適用するなら、実質的な費用は軽微です。阿甘語学学校は台湾政府教育部の認可を受けた正式な学校です。既に15年の実績があります。これまでも学生達の遭遇した問題を助けてきました。ご安心下さい。

© Be my guest in Rio. Proudly created with Wix.com

​滞在中のアクシデントに対応
 

​台湾澎湖島(penghu)語学留学

台湾の南の小島・澎湖島(ぼうことう)にある台湾政府公認の語学学校に来て、リゾートしながら教える​資格のある台湾人の教師から中国語を学びませんか?既に15年の実績があります。当校から大勢の方が中国語を学んで、世界中のあらゆるシーンで活躍しています。宿舎があるので(全寮制)、友達も沢山できますよ。

​学校と宿舎が隣接しています。

通学時間も要りません。雨の日でも没問題。各部屋にトイレとシャワーがあります。エアコンも完備です。外部との連絡はwifiがあるのでインターネットし放題。lineの電話で日本との連絡も自由自在。自炊も可能です。炊事道具も完備。近くに7-11が三つもあります。日本語の出来る管理人がいるので病気になった時なども安心です。自転車貸し出し無料。レンタルバイクも一ヶ月貸し切りで二五〇〇元。どこに行くのも便利です。

​澎湖島へのアクセス

利用できる飛行場としては桃園空港・松山空港・
高雄空港があります。後者の二つは国内線もあるので、国際線から国内線に移動して、澎湖島の空港である馬公空港にすぐ来る事が出来るので便利です。桃園空港の
場合は、そこから約一時間かけて松山空港に移動してそこから馬公空港に来て貰う事になります。桃園空港も従来と同様にバスを使う事も出来ますし、MRT(地下鉄)が出来たので、松山空港への移動が楽になりました。

面倒な手続きは不要です。

提出書類は一切ありません。ノービザで3ヶ月留まる事が出来ます。延長したい場合には出国して再入国

​すれば引き続き3ヶ月の滞在が出来ます。チケットの購入から飛行機の搭乗まで親切にアドバイスします。

​留学斡旋業者の手を借りなくても自分で行えます。メールを通して何でもお尋ね下さい。速攻でお返事します。当校の卒業生は中国大陸を初め台湾、又マレーシア等あらゆる中国語の必要とされるシーンで活躍しています。